低コストでオフィス用品がそろうレンタルとは?

レンタルする時の注意点について

レンタル料金の内訳について

希望のオフィス用品をいくらで借りることができるかということは、間違いなく誰もが気にするであろうポイントです。
しかし、レンタルの際には他にも費用が発生するが場合あるということを忘れていることもあるといいます。
物品の運搬にかかる費用は実費で請求されることが多く、その他の場合にも物品の大きさや搬入場所の状況によって別途料金が発生することもあるようです。
通常の営業時間外の搬入出についても別途料金が発生したり、建物に対する養生が必要になった場合にも養生費を請求されることがあるようです。

レンタルにかかった費用をいつまでに支払うことになるのか、その際の支払い方法はどのようになっているのかについてもきちんと確認しておくようにしましょう。

万が一に備えた保険について

レンタルで貸し出している物品には、通常「動産総合保険」というものがかけられています。
これは故意や重大な過失以外の理由で動産に被害が発生した場合の負担を軽くするための保険で、クライアントがレンタル契約を結んでいる間にだけ効力を発揮するものだといいます。
こうした保険がかけられていないものをレンタルしてしまうと、もし何か不具合が生じてしまった場合には全面的に修繕費用を負担することになってしまうかもしれませんので注意しましょう。

レンタルで借りることになる物品はレンタル業者が保有しているものの中から選ぶことになるため中古品であることが一般的です。
そのような危険を回避するためにもレンタルする物品にかけられている保険について確認するというひと手間が必要なのです。


この記事をシェアする